平成30年10月のミニチラシ♪

今年もやってまいりました!新米のシーズン到来です!!

今年の一番の注目はコシヒカリ発祥の地である福井県がコシヒカリを超えるために6年の歳月をかけて完成させた新しい品種「いちほまれ」は、粘りと艶がありコシヒカリを超えたといっても過言ではないと思いました。

去年に新品種のサンプルをいただき他の新品種と食べ比べた中でダントツの美味しさを感じました。

情報社会の中で、メディアや有名人にデザインなども大切ですが結局のところは、お客様がおいしいと思いリピートされなければ全くの意味がありません。その中でコシヒカリは今も日本のお米の中ではキングオブライスをつけても大げさではない品種だと思います。それを超えていると言われているのですから、ごはんが大好きな方は是非ともご賞味いただけれたらと思います!

新品種の中ではコシヒカリを超えたと言っても良いぐらいの「ゆめぴりか」の30年産は日照不足もあり、今年の出来栄えが危ぶまれています。JA米にはゆめぴりかのもちもちの基準が設けられており、その基準に満たすものはかなり少ないと思われます。当店の扱う砂川産ゆめぴりかも30年産の販売はまだ先のようです。特に特別栽培米は化学肥料が少なく影響が大きいと思われますが本当に頑張っていると思います!また、品質管理やきっちりと基準があるからこそこういう状況になると市場に出さないのはとても良いことだと思います。目先の利益ではなく今後のゆめぴりかへの期待だと思います!!

29年産米の中では特別栽培米 砂川産ゆめぴりか(※たんぱく値6.8%以下)のお米は非常にリピート率の高いお米でした。食べたらすぐにわかるお米だと思います。当店の販売するお米の中では、これまでにないリピートの高い人気のお米だけに非常に心配です。当店の29年産米のベストオブライスは「砂川産ゆめぴりか」です。

南魚沼産コシヒカリも入荷しました!!驚くほど変わらず安定の南魚沼産!ここの産地だけは新品種よりもコシヒカリを作り続けてほしいと思います!このお米はコシヒカリBLと言う偽物が使えないハイテクなお米です。イモチ病にも通常のコシヒカリよりも強く食味も美味しくコシヒカリと差がありません。美味しくなければ炊飯器が壊れていると言っても間違いありません。当店のキングオブライスは「南魚沼産コシヒカリ」です。